吉備土手下麦酒醸造所のホームページへようこそ。ものづくりの情報発信をしてまいります。

本日の麦酒&営業時間(今月の一覧
2017.07.28 Friday
蔵びあ亭 岡山の地ビール販売

たまルンMALLで吉備土手のお買い物が出来ます

吉備土手下麦酒からのお知らせ

2012-09-29 18:58:00

夜も随分と涼しくなり吉備土手では最高の季節です。

吉備土手から見上げる土手の上にはお月様
この眺めが日本人の郷愁をそそります。

7日には吉備土手の原点「御崎宮」の秋の御祭礼です。
年々、随分とお詣りも賑やかになって楽しみです。
御崎宮にお詣り下さった方々には吉備土手「小カップ100円・

フルカップ200円」の感謝価格でご提供!
お詣り頂いた方々だけの特典です。
秋のそぞろ歩きに土手にいらっしゃいませ!
翁が焼き鳥焼いてます!

感謝

2012-09-18 19:40:00

皆さんありがとう御座います。
いよいよ「おかやま酒祭り2012」です。
生意気を申します。
開業7年半の若僧の戯言です。
私は開業の時に決意致しました。
「なせ地ビールは地元で呑まれないのか?

私は地元で普段に呑まれる地ビール屋になりたい。」
だから県外には一切出荷しません。

何故?
今、地ビールは再びのブームがある意味でおきています。
残念ながらやがて収束致します。
しかし、地元で もしも故郷の味になりえたなら多少の波はあれど生き残れる!と信じています。
だから地にこだわりたいと思いますー
日本のものづくりはいまや世界を駆け巡っています。
新たなる市場を求めて
中国が終わればインド?
やがてアラスカ?
行きつく地の果てがなくなったならーやがて宇宙人を探しだすのでしょうか?
もう一度 私は地元「岡山」を豊かにしたい。
肥大化するのではなく「事足りる」を知る人でありたいーと自分に言い聞かせております。
そんな地「おかやま」が大好きです。
私の生涯の地元孝行をなしてみたいと「思い上がり」しております。
私のような酒造りでも「おかやまはものづくりの故郷ー是非お越し下さい。」
私に必要なのは「精神的 鎖国」
日本のものづくりを海外に出すのがダメと思っているのではありません!
まずは私たちの孫や子にしっかりと伝え、この国の同朋と分かち合いたい!
私ごときでは何もできません。
本当に皆様あっての祭りです。
そして皆様の力が集まるなら日本にまたとない街になると信じております。
なぜなら「そんな単純な事でさえ本気でやる街はめったにないから」です。
私たちは天才でもなんでもない
でもやらない方々が多いから普通に進めば「事は成る」
と信じております。

ちょ!生意気なオヤジの戯言をお許し下さい。
皆様に心底感謝申し上げます。
最後までお許し頂きましてお付き合い下さい。
是非、おかやまの挑戦を見にーそして味わいにお越し下さい。
宿泊プランもご用意しております。
お待ち申し上げます。
感謝
吉備土手下麦酒

2012-09-17 18:40:00

ありがとう御座います。
本日、横浜のビアフェスに呼ばれて参りました。
皆様のおかげさまで本年の全国から4醸造所が選ばれる「Brewelley Of the Year」に選んで頂きました。
謹んで感謝申し上げます。
会場にて首都圏に出してとのご要望に
「申し訳ありません。

岡山は当に酒所、是非 岡山にいらっしゃい!そんな岡山にしたくて!」
とお粗末な言葉ながらアピールをして参りました。
皆様、ありがとう御座います。

感謝


S550120917_1826~02.jpg

2012-09-13 14:24:00

只今、釣井さんの「華清水」白桃を生・瓶 共に販売をしております。
先日の広島のビアフェスにて大変好評頂きました!
1人は海外からの若い男性(米海軍さん?)は「これ」しか呑まれないくらいに気に入って下さいました!

今日はぷりぷりと実った大森さんの育てたニューピオーネの仕込みです。

S550120913_0653~01.jpg

S550120913_0653~02.jpg



毎度のことながら仕込みしながらーやめられない 止まらないの状況にて申し訳ない!
本年の仕込みの工夫!
釜の中に発酵から熟成まで果皮を沢山漬け込んでいます!
赤ワインになれとは言わないまでも多少の色とフレーバーを期待しての新たなる挑戦です。
如何なる事になるのやら!
ご期待下さい!
大森さんありがとう御座います~
皆様に感謝

稔る岡山の果実は芳醇ですーお楽しみ下さい。


2012-09-12 20:59:00

9月22日の土曜日は誠に勝手ではございますが、

岡山酒祭り2012への出店の為お休みとさせていただきます。

ご了承ください。

またお時間があれば是非岡山酒祭り2012にお越しいただき

岡山のいろんなお酒をご堪能ください。

 


1 2