イベント

【9時更新】2022の箱根駅伝の往路の順位速報!優勝校の結果まとめ

箱根駅伝

2022年1月3日と4日に行われる箱根駅伝。

そんな箱根駅伝ですが、熾烈な戦いが繰り広げられていますが、中々テレビをまとまって観る時間がない方も多いですよね。

今回は2022年の箱根駅伝の往路に関して順位を速報形式で紹介していきます。

【9時更新】2022の箱根駅伝の往路の順位速報!

箱根駅伝

まずは箱根駅伝の各地点の上位3つの大学はこちらです。

区間 1位 2位 3位
1区
2区
3区
4区
5区

そして、区間ごとにタイムが早かった選手はこちらになります。

【1区】箱根駅伝のタイムが早かった順番はこちら

1区の距離は21.3キロで、スタート地点は大手町の読売新聞前。

そこから鶴見までの距離ですが、ここで各大学の流れが決まる重要な区間となります。

【2区】箱根駅伝のタイムが早かった順番はこちら

2区は鶴見から戸塚まで続く23.1キロの区間となります。

各大学のエースが競う注目な部分の1つです。

【3区】箱根駅伝のタイムが早かった順番はこちら

3区は戸塚から平塚まで続く21.4キロの区間となります。

2区からの流れを維持するor修正することが3区の重要な役割です。

【4区】箱根駅伝のタイムが早かった順番はこちら

4区は平塚から小田原まで続く20.9キロの区間となります。

4区はアップダウンが続く区間で、5区の山登りへ良い順位で繋ぐために重要な場所です。

【5区】箱根駅伝のタイムが早かった順番はこちら

5区は小田原から箱根の芦ノ湖まで続く20.8キロの区間となります。

5区は高低差800m以上を一気に駆け上がる山上りをする区間。

箱根駅伝の最大の見ものといえる区間ですが、一体誰が区間賞を獲得するのでしょうか。

出場校まとめはこちら

まずはシード校はこちらになります。

シード校はこちら
  • 駒沢大学
  • 創価大学
  • 東洋大学
  • 青山学院大学
  • 東海大学
  • 早稲田大学
  • 順天堂大学
  • 帝京大学
  • 國學院大學
  • 東京国際大学

続いて出場校をまとめて紹介したものがこちらです。

予選通過校はこちら
  • 明治大学
  • 中央大学
  • 日本体育大学
  • 山梨学院大学
  • 神奈川大学
  • 法政大学
  • 中央学院大学
  • 駿河台大学
  • 専修大学
  • 国士舘大学

まとめ

今回の記事では2022年1月3日~1月4日に開催された箱根駅伝の結果を速報形式で紹介していきました。

また他の記事では復路の結果も速報形式で紹介しているので、確認してみてください。