イベント

鬼滅の刃の原画展は名古屋で開催される?時期はいつ?

鬼滅の刃、吾峠呼世晴原画展。

2021年10月26日~12月12日の期間で東京六本木の森アーツギャラリー、

2022年7月14日~2022年9月4日の期間で大阪梅田のグランフロント大阪にて開催される予定です。

大人気の鬼滅の刃ですから、他の地域でも開催してほしいですよね。

名古屋では開催されるのか、その時期はいつなのか、調べてみました!

鬼滅の刃原画展の内容は?

現在、鬼滅の刃原画展は東京、大阪でのみ開催が決定しており、

東京会場はすでにチケットの先行抽選が始まっています。

展示内容やグッズについても続々と公式HPにUPされていて、とても楽しみですね。

これはファンだったらもう絶対に!!行きたいですよね。

名古屋での開催はあるのでしょうか?

名古屋では開催される?時期はいつ?

まず、東京での開催期間は2021年10月26日~12月12日の期間、

大阪での開催期間は、2022年7月14日~2022年9月4日の期間で、

東京の終わりから大阪の始まりまで7か月間もの空きがあります。

 

もし名古屋で開催されるとすれば、最短でも2022年9月から7か月後の、

2023年4月頃と考えられます。

 

今回六本木の原画展は、10月スタートと噂されている、アニメ鬼滅の刃の遊郭編のスタートに近い時期での開催となっています。

遊郭編のアニメを観ていたら、確かに原画展に行きたくなっちゃいそうですよね。

遊郭編のスタートの前に、9月中の土日などで鬼滅の刃のアニメ特別編集版、

そして2020年10月に公開された映画無限列車偏も公開され、

鬼滅の刃をまだ見たことがなくても、原画展そして遊郭編のアニメに間に合うようになっています。

劇場版鬼滅の刃無限列車編は、千と千尋の神隠しを超えて日本の映画の興行収入歴代一位になったので、人気は絶大。

原作漫画は完結したものの、遊郭編以降のアニメ化もまだまだ続くに違いないですので、

今後アニメ化、放送に合わせて原画展が東京大阪以外の都市部でも行われる可能性もあるかもしれません!!!